オリックス・長村裕之球団本部長は30日、日本ハムからFA宣言した増井浩俊投手の獲得を発表した。背番号17。

「増井君に複数球団が興味を持っている中で、ウチで頑張ってみたいという気持ちを持ってくれたことはありがたい。

来季の抑えとして活躍してもらいたい。投手陣の中で重要な一角を担える投手が来てくれたのは大きい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000100-dal-base

 

 

 

 

 

 
こんにちはRyoです。

 

北海道日本ハムファイターズからFA宣言をした増井浩俊選手ですが、今日30日
オリックス・バファローズが獲得したことが明らかになりました。

 

背番号は今季まで山崎福也選手がつけていた「17」と決まりました。
(これに伴い山崎選手の背番号は17から0へ変更となります)

 

増井選手の移籍先が決定したことによって、今年のFA市場の動きはほぼ確定したかと思います。

 

阪神タイガースからFA宣言した大和選手は横浜DeNAベイスターズへ。
埼玉西武ライオンズからFA宣言した野上亮磨選手は読売ジャイアンツへ。
福岡ソフトバンクホークスからFA宣言した鶴岡慎也選手は北海道日本ハムファイターズへ。
そして北海道日本ハムファイターズからFA宣言した増井浩俊選手はオリックス・バファローズへ。

 

埼玉西武ライオンズの牧田選手、オリックス・バファローズの平野選手は
メジャーリーグ挑戦が濃厚とされているので、国内でのFA移籍に関しては
ほぼ出そろったといっていいでしょうね。

 

さて、こうしたFA宣言選手たちの移籍動向にはスポットが浴びますが、
戦力外、自由契約選手たちは今後いったいどうなるのでしょうか。

 

注目なのがジャイアンツを自由契約となった村田修一選手。

 

割と早い段階から自由契約となって、即獲得競争が行われて移籍先も決まるのか
と思われていたんですが、今日時点でまだ獲得球団は現れていません。

 

実力も実績もある選手ですので、複数の球団が名乗りを上げる選手だとは思うのですが、
それに伴う年俸の高さ、レギュラー確約なのか控えでもOKなのかなどなど
契約に関しては結構難しい面もあるというのは事実ですが・・・。

 

いずれにしても、FA選手の動向もほぼ確定したところで、今後はトライアウト組や
戦力外・自由契約組の動向が明らかになってくる頃だと思うので、そちらのほうも
注目していきたいと思っているところです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ