横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)に、幕内力士への暴行疑惑が浮上した。

関係者によれば、10月26日の鳥取で行われた秋巡業後の酒席で、

東前頭8枚目、貴ノ岩(27=貴乃花部屋)をビール瓶で殴打し負傷させたという。

貴ノ岩は福岡市内の病院に入院。九州場所を初日から休場しこの日、

「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」

の診断書を提出した。相撲界は長年、暴力問題の再発防止に取り組んできただけに、疑惑の究明が急がれる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000079-spnannex-spo

 

 

 

 

 
こんにちはRyoです。

横綱の品格とはいったいどこへ行ってしまったのでしょう。

横綱・日馬富士関が前頭8枚目貴ノ岩関へ対して
ビール瓶で殴打するなど暴行を働いたという疑いが浮上しました。

貴ノ岩関は今回の九州場所を休場。
「脳震盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い
で全治2週間」という診断書を提出したとの模様です。

日馬富士関も、今場所の休場を発表しまして、
「貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の皆様、相撲協会、
私の部屋の親方に大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」
と謝罪の弁を述べました。

意外なんですが、ニュースを見てみると、日馬富士関は
実はカーッとしやすいタイプの方らしいですね。

カーッとしやすいといえば思い出されるのが
2010年、当時横綱の朝青龍関が、一般人に暴行を働いたということで
その責任を取って引退するという事件がありました。

現在、相撲ブームと呼べるように、相撲人気が再燃しています。
そんな中で、相撲界は様々な問題と戦ってきました。
今回、相撲人気が再燃している中で横綱が起こしてしまった暴行事件。
日馬富士関の身体が問われるのも致し方ないのかもしれません。
まだ具体的にどのような処分が下されるのか判明していないので
あまりここでは語らないようにしたいと思います。

こういうところでたびたび問われるのが「横綱の品格」というもの。

横綱とはまさに「神の化身」であって、その素行等に求められるものは
それ相応にあるものです。

果たして、相撲協会は日馬富士関に対してどのような処分を下すのでしょうか。
品格を問われるのが横綱。古い考えかもしれませんが、横綱というのは
神の憑代であるということを忘れてほしくないなぁと思ってしまいました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ