Sponsored Link

「2台のスマートフォンとハート2台のスマートフォンとハート」のフリー写真素材を拡大

 

 

こんにちはRyoです。

 

毎年女性も男性もドキドキのイベントといえば2月14日のバレンタインデーですよね。
気になるあの人に思いを伝えようとか、いつもお世話になっている人に感謝の気持ちをとか
大好きな友達に向けてとか・・・いろいろ送る動機はあるものですよね。

 

というわけで、今回は「本命」というところにフォーカスをして、
本命チョコを贈りたいけど、手作りには自信がないとか作っている時間がないといった
方向けに、本命チョコのオススメブランドをご紹介します。

 

最後までお付き合いくださいませ。

 

 

 

ゴディバ(Godiva)

 

もうこれは誰もが知っている超有名ブランドですよね。
いまどき男子中学生ですら知っているようなベルギーの超老舗ブランドです。

 

チョコレート以外にも、お菓子、ココア、アイスクリーム、リキュールなどを
扱っていますので、送りたい相手の方が「チョコレートは苦手だな」という場合には
ほかの選択肢も選べていいんじゃないですかね。

 

「ちょっとベタじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
ベタはベタになるだけいいものってことなんですよ。
とりあえず受け取っていやな思いをする人はいないんじゃないですかね。

 

 

 

ロイズ(ROYCE’)

 

先ほどはベルギーのブランドということで、今度は国内ブランドです。

 

ロイズコンフェクトという北海道の会社が展開しているチョコレートのブランドです。
このブランドの大きな特徴というのは水分含有量が17パーセントと非常に高い
生チョコレートなんですね。

 

北海道の百貨店などには直営店も展開しておりますので、北海道の方は
是非見に行ってみてもいいかもしれません。

 

もちろんお取り寄せも行っていますので詳しくは公式ホームページをご覧になってください。
ロイズ公式ホームページ

 

 

 

モロゾフ(Morozoff)

 

言わずと知れた神戸の人気洋菓子メーカーです。
そんな老舗のメーカーですので、「関西の家庭には必ずモロゾフのプリンの容器がある」と
ネタにされるほど知名度があるんですね。

 

なぜモロゾフをお勧めするのかというと、これは何と言ってもコストパフォーマンスの良さです。

 

先ほど紹介したゴディバは高いからなかなか手が出ないな・・・
でも安っぽいチョコレートを贈るわけにはいかないな・・・といった方には非常にお勧めです。

 

チョコレートのほかにも、プリンやチーズケーキなども取り扱っています。
僕はモロゾフのチーズケーキがすっごく好きなんですよね。おいしいんです。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

バレンタインデーということで、送ったら喜ばれんじゃないかなぁと思う
チョコレートのブランドをご紹介してきましたが、ここで紹介していないブランドでも
素晴らしいブランドはたくさんありますので、追加で調べてみてもいいと思います。

 

今回紹介したのは「これを選んでおけば失敗はないだろう」というところをコンセプトとしています。

 

というわけで、無難と言ったら無難なラインナップなんですが、
冒険してみたいという方は冒険してみてはいかがでしょうか笑。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

コメントを残す