Sponsored Link

 

 

 

 

こんにちはRyoです。

 

突然ですが、皆さんは入学祝いは送っていらっしゃいますか?

 

たとえ親戚や身内のお子さんであっても、親戚同士での入学祝いのやり取りっていうのは
大切なコミュニケーションですからね。

 

そういうわけで、入学祝いの基本的な金額の相場だったり、マナーなどを
まとめてみました。
最後までお付き合いくださいませ。

 

 

 

入学祝いの金額の相場

 

さて、入学祝いの金額の相場はどのくらいなのでしょうか?

 

あんまり高い金額をもらっても、もらった側が恐縮してしまうこともありますので、
相手方が困ってしまわないようなくらいの金額にしたほうがいいでしょう。
基本は相手に気を使わせすぎないことを肝に銘じておきましょう。

 

というわけで、金額の相場としては、
小学校の入学祝いは5000円~10000円ほど、
中学校の入学祝いは10000円~20000円ほどといったところでしょうか。

 

まぁ、あくまでこれは目安になりますので、参考までに。
地域差、または親戚との親密度によっても金額は変わってくると思いますので、
そこは上乗せするなり少し抑えるなりしていきましょう。

 

 

 

入学祝いを物で送る場合

 

お金ではなく、入学祝いを物で送るという場合にはどうしたらいいでしょうか。

 

一般的に喜ばれるのは、学校生活において必需品となりえるものを送るのが
いいんじゃないですかね。
文房具とか、ランドセルとか。ちょっと大きいお子さんには腕時計とか
電子辞書とかいいんじゃないですかね。

 

ここで注意しなければならないのは、ほかの方とかぶってしまわないように
気を付けなければならないということですね。
ランドセル2個もらっても困りますからね笑。

 

そういうわけで、物で送る場合は、どんなものがほしいのか事前に聴いておくといいですね。
贈り物をするときに何がほしいか聞くのはなんか照れくさいですし、もらうほうも催促するようで
なんとなくお互い気が引けるような気がしますが・・・笑。

 

 

 

まとめ

 

というわけで、入学祝いについてでした。

 

ちなみに、送る時期についてですが、入学は事前に知っていることですから、
早めに準備をして3月初旬くらいに送るのがいいでしょう。

 

まぁ、無難なところで現金や金券などがいいのでしょうが、もらう側としては
何をもらってもうれしいと思います。
もらった側としては、入学するお子さんの写真やメッセージを御礼として送ってあげるのも
いいのかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

Sponsored Link

コメントを残す