こんばんはRyoです。

 

昨年の大みそかに放送された、ガキの使いやあらへんでの年末スペシャル
「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」において、
タレントのベッキーさんが仕掛け人として登場しましたが、タイキックを受ける
という逆ドッキリにかかったことに対して、物議を醸していましたが、
ベッキーさんがそのことについて言及しました。

 

今回はそのことについてです。
最後までお付き合いくださいませ。

 

 

 

ベッキーへのタイキック、一部報道ではかなりの批判が。

 

大晦日の放送では、仕掛け人として登場したベッキーさん。
いつものとおり(?)ココリコの田中直樹さんがタイキックを受けた後
逆ドッキリという形でタイキックを受けました。

 

放送では、ベッキーさんのあの不倫騒動に対する「禊」としてのタイキック
という形での逆ドッキリということでしたが、その部分について、
かなり批判があるようです。

 

女性が半ば無理強いという形でタイキックを受けたということ、
名目が不倫騒動への禊だったということ、このあたりに争点があるようです。

 

女性へのこうした行為へ対して男性が笑っているという光景が不謹慎だ
という意見、また不祥事へ対する私刑という形になったということに対して
時代錯誤だという意見があるようです。

 

まぁ、ここからは僕の意見なのでご承知おきいただきたいのですが、
男女平等を掲げるというのなら、その前にタイキックを受けている田中さんを
笑うというのもお門違いになってしまいますよね。

 

こういうことを言うと、どこからか批判してくる方が現れるもんですが笑。

 

そもそも、バラエティ番組でこうした批判が起こるのがおかしいんですよね。
エンターテインメントとして、そういうことと切り離して楽しめないのでしょうか?

 

 

 

ベッキー本人は「タレントとしてありがたい」と語る

 

ベッキーさんは、6日深夜放送のJFN系列FMラジオ番組
『ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night』に生出演した際に
大晦日に放送された笑ってはいけないのタイキックについて言及しました。
言及って言ってもそんな大げさなことではないんですけど。

 

そこでベッキーさんは「年末のバラエティーの代表格の番組に出演させてもらえてうれしかった。
逆ドッキリを受けたのも、タレントとしてありがたい。」と語りました。

 

はい。もうこれでこの騒動の結論が出ましたね笑。

 

ご本人がありがたいと言っているのだから、外野がどうこういうこっちゃないですよね。

 

 

 

さいごに

 

というわけで、この騒動について僕なりの見解も含めながら、ベッキーさんの発言もご紹介しました。

 

ぶっちゃけ、僕が思うのはこうしたバラエティー番組にそこまでメッセージ性を求めるのは
どこか違っているのかと思います。

 

エンターテインメントとして、純粋に楽しめないんでしょうかね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ