Sponsored Link

漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)が3日に生放送され、

とろサーモンが優勝し、13代目王者に決定した。4094組の頂点に立ち、

優勝賞金1000万円を獲得した。2002年にコンビを結成し、今年は出場資格

ギリギリの15年目。ラストチャンスでみごと栄冠をつかんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000388-oric-ent

 

 

 

 

 

 

こんばんはRyoです。

 

本日3日、漫才師のナンバー1を決める大会M-1グランプリの決勝が行われました。

 

事前に行われた敗者復活戦では、下馬評通り、スーパーマラドーナが勝ち上がり、
ジャルジャル、かまいたち、カミナリ、マヂカルラブリー、ミキ、さや香、
とろサーモン、和牛、ゆにばーす、スーパーマラドーナの10組で決勝を争いました。

 

それでは、今日行われたM-1グランプリの模様をリポートしていきたいと思います。

 

今回からルールに大きな変更がありまして、「笑神籤」というルールが追加されました。
これは事前に出番順が決められておらず、ぎりぎりまで出番がわからないというものです。
従来のルールでの出番順による有利不利をなくすのが目的ですね。

 

では、出番順に感想を。

 

1、ゆにばーす

 

男女コンビでネタ順トップということで2015年のメイプル超合金を思い出させますが
ネタの方向性は真逆でしたね。
ボケのはら(女)のほうがハチャメチャにボケるというスタイルでトップバッターながら
結構な高得点でした。しかし、審査員の松本さんが「実力なのかお客さんが暖かいのか?」
と言っていたのが気がかりでした。

 

2、カミナリ

 

昨年のファイナリストのカミナリですが、得点は伸び悩みました。
ネタのスタイルは観客のみなさんも周知していたところなのでそこをどのように
裏切っていくかというところだったのですが、期待値ほど裏切れませんでした。

 

3、とろサーモン

 

今年がファイナルイヤーとなるとろサーモン。ネタの受けが抜群でした。
ボケの久保田さんのテンションに左右されると審査員の礼二さんがおっしゃっていましたが
今日の久保田さんは安定していたテンションでしたね。
M-1ファイナルイヤーにかける思いが伝わってくるステージでした。

 

4、スーパーマラドーナ

 

敗者復活から勝ち上がってきたスーパーマラドーナが4番目となりました。
3年連続ファイナリストの名ふさわしく、会場も大変ウケていました。
相変わらずボケの田中さんのキャラはぶっ飛んでますね。
審査員の博多大吉さんは「ラストにもうひと押しあればとろサーモンより上だった」とのこと。

 

5、かまいたち

 

キングオブコントとの二冠を目指すかまいたち。下馬評通りネタの完成度は高いです。
しかし、審査員の春風亭小朝さんが言うには「M-1を勝ちに行くネタじゃなかった」
そこがとろサーモンと得点が離れてしまった要因ですかね。

 

6、マヂカルラブリー

 

ボケの野田クリスタルさんのキャラスターで持っていく漫才スタイルです。
しかし、審査員にはハマらず。審査員の上沼恵美子さんからは「苦手です」と
言われてしまう始末。まぁこれはこれで爪痕残せたんじゃないですかね。

 

7、さや香

 

まだまだ知名度は高くないコンビですが、この大会きっかけに売れる予感です。
漫才のテーマは「歌のお兄さん」というベタなものでしたが、ボケのテンションに
お客さんがついてきてくれたのがよかったですね。

 

8、ミキ

 

初代チャンピオン以来の兄弟コンビです。会場はかなり湧いていましたね。
ツッコミのお兄ちゃんのテンションが半端ない。喉つぶれそう笑
ここの時点でミキがトップとなり最終決戦進出となります。

 

9、和牛

 

トリ前で今回の大会大本命の和牛が登場。和牛も3年連続ファイナリストです。
昨年とは趣向の変わったネタでしたが、終盤に畳み掛けていくスタイルは健在です。
そしてこの時点で和牛がトップに。最終決戦進出となります。
ていうか相変わらず川西さんの女性の演技うまいな笑。

 

10、ジャルジャル

 

トリを飾るのはジャルジャル。2015年の大会では敗者復活のトレンディエンジェルに持っていかれました。
相変わらずの独自スタイル。ていうかつかれるネタだな笑。面白かったです。
しかし、3位のとろサーモンには届かず。松本さんは「僕はいちばんおもしろかったが好き嫌いがわかれる」
とのこと。その言葉に尽きますかね。

 

そして最終決戦に入ります。最終決戦に進んだのは和牛、ミキ、とろサーモンの3組。
ネタ順はとろサーモン→ミキ→和牛の順番になりました。

 

最終決戦ですから、この3組のネタの完成度は何をかいわんやです。
3組とも会場を沸かせ、大変な盛り上がりとなりました。
ネタ前に上沼さんが「今年はレベルが高い」と言っていた意味が分かります。

 

とろサーモンは僕の大好きな石焼き芋もネタでした。このネタ大好きなんです。
本当はもっと長いんですが、M-1用にシャープなネタになってました。
「もうええわ」「え?フォーエバー?」がよかったです笑

 

続いてはミキ。ハイテンポな漫才でした。お兄ちゃん声飛んじゃうわ笑
ミキらしい漫才でしたと司会の今田さんもおっしゃっていましたがその通りでしたね。
裏でリップクリーム塗ってたのかな笑

 

最後に登場したのが和牛。2本目も和牛節がさく裂していましたね。
相変わらず川西さんの女性の演技うまい。
終盤に畳み掛けていく和牛のスタイルは素晴らしかったです。

 

そして結果発表。
総勢4049組の頂点、13代目の王者に輝いたのは・・・とろサーモンでした!!

 

おめでとうございます!

 

決勝3位からの最終決戦勝者となったとろサーモンですが、M-1ラストイヤーについに王者となりました。
実際、本当に面白かったのでこの優勝は納得です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

コメントを残す