サッカー漫画の金字塔『キャプテン翼』が15年半ぶりに新たにテレビアニメ化され、

来年4月よりテレビ東京系で放送されることが13日、発表された。

この日、東京・六本木のテレビ東京本社で原作者の高橋陽一氏、

大空翼役の声優・三瓶由布子、若林源三役の鈴村健一ほかが出席して、

アニメ化決定記者発表会が行われた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14022705/

 

 

 

 

 

こんにちはRyoです。

 

サッカー漫画の金字塔、『キャプテン翼』が、15年半ぶりにテレビ東京系にて
テレビアニメ化するということが今日13日明らかになりました。

 

キャプテン翼は、1983年にはじめてアニメ化され、これまでにテレビアニメが3回、
映画が5回、OVAが1回、発表されています。アニメ化となるとこれが15年ぶりということになりますので
翼ファンは待ちに待ったといったところでしょうか。

 

僕は、初めてアニメ化された時はまだ生まれてもいなかったのでもちろん
リアルタイムではアニメは見ていませんが、再放送で見たことはあります。

 

ただ、初めてのアニメ放送の年代が1980年代ということで、現代とは
だいぶ様相が変わってきているところなんですね。
そこで、この会見に出席した作者の高橋陽一先生は

 

「本当にありがたく思っています。原作第1話から忠実にお願いしていますが、以前、
アニメ化されたときは1980年代だったので、だいぶ世間の状況も変わっていますし、
最近の子どもにも楽しめるように現代の設定に変えています」

 

 
と語っています。サッカーウエアは現代使用に、当時はなかったスマートフォンや
タブレット端末の仕様なども時代の流れとともに新アニメーションには盛り込まれて
いるといったところでしょうかね。

 

この新アニメの舞台は小学生編からということで、果たしてどこまでやっていくのかは
わかりませんが、できれば僕は中学生編まではやってほしいなと思っています。

 

キャプテン翼って結構とんでもプレーとかでネタにされがちなところがありますけれども
そういうところを抜きにして、中学生編まではマジで超名作ですからね。

 

てなわけで、最近アニメなんてめっきり見なくなってしまい、大人の階段を
上っているのかどうなのかちょっとわからない僕ではありますが、この
キャプテン翼の再アニメ化は期待して待ちたいと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ