9mm Parabellum Bullet。右端が滝善充。

引用:https://natalie.mu/music/news/261385

 

こんばんはRyoです。

 

比類なきロックバンド9mm Parabellum Bulletのギター滝善充さんが
今年最後の9mmのライブで、ライブ復帰するということがわかりました!

 

千葉幕張メッセで行われる「COUNTDOWN JAPAN 17/18」の12月30日公演
において、現在ライブ活動休止中とされている滝さんが9mmのライブに
戻ってきます!

 

やったー!!

 

ちなみに上の画像の一番右が滝善充さんです。

 

それでは、今回は僕の今までこのブログでも語ってきた「9mm愛」を改めて語る
とともに、滝さんのライブ活動休止と復帰の経緯について。
どうかお付き合いくださいませ。

 

 

 

2016年、突然のライブ活動休止の発表

 

2016年、東京・日比谷野外大音楽堂で行われたワンマンライブ
「9mm Parabellum Bullet LIVE 2016 “Waltz on Life Line” at 日比谷野外大音楽堂」にて
滝さんがライブ中に左腕を負傷したことにより、公演を一時中断しました。
医師の診断によると、ジストニアの疑いがあるとのこと。
また、「明日から1年休んだとしても治るとは限らない。10年かかるかもしれないし、
明日突然治るかもしれない」と診断されたとのことです。

 

そのため、左腕に負担のかかるライブでの活動を無期限休止するということを発表。
その間、作曲やレコーディングは行うということなのですが、9mmといえば迫力のある
ライブパフォーマンスが一番の魅力だと思っていますし、ファンからもゆっくり休んでほしい
反面、早く復帰してライブをやってほしいというジレンマに駆られていました。

 

 

 

滝のライブ活動休止中はサポートギター2人による“BABELスタイル”

 

滝さんがライブ活動を休止している間、9mmは通称「BABELスタイル」と呼ばれる
通常ステージ後方にスタンバイしているドラムを上手(観客席から見て右側)に配置して
後方にサポートギター2人を置くというライブスタイルでやってきました。

 

ちなみに「BABEL」というのは、今年リリースしたアルバム『BABEL』に
なぞらえているのだと思われますが。確証はないですけどたぶんそうだと思います笑。

 

そして、その「BABELスタイル」での編成で行うライブは年内までとの発表が。
さらに、ライブ納めとなる12月30日のカウントダウンジャパン17/18で
滝さんがライブ復帰するということになりました。

 

待ちに待った滝さんがライブで観られますよ!ファンのみなさん!僕も含めて!

 

 

 

まとめ

 

はい。そんなわけで、滝さん休止の経緯、ライブ活動復帰について語ってきました。

 

ライブ活動休止中、『BABEL』というアルバムをリリースしたのですが、
そこに収録されている楽曲はすべて滝さんが作曲したものなんです。

 

やっぱり、レコーディングでもライブでも、9mm Parabellum Bulletには
滝善充がいてしっくりくるんですよね!

 

残念ながら、カウントダウンジャパンは観に行けない僕・・・

 

そんなときは休止前のこのライブ映像で踊ります!

 

 

9mm Parabellum Bullet – Talking Machine (2016.11.05 TOUR 2016 “太陽が欲しいだけ” at 豊洲PIT)

 

踊れ―――――――――――!!!!!!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ