Sponsored Link

Ryoですどうも。

本日行われたファーム日本選手権において
広島東洋カープが球団初のファーム日本一に輝きました。

これで一軍との「親子日本一」も見えてきましたね。
親子日本一を達成すると2015年のソフトバンクホークス以来の快挙ですから
まずはカープの2軍、通称「由宇軍」が先陣を切ったって感じですね。

ファーム日本選手権はイースタンリーグ優勝チームと
ウエスタンリーグ優勝チームの1回勝負なので、
選手の育成が第一目標であるファームで優勝するのは
勝負と育成のどちらも重視していなければいけません。

そう考えると、ここ最近のカープの強さにはファームの強さも
関係しているのかもしれません。

下でトレーニングと実戦経験を積んで強くなってきた若い選手たちが
続々と一軍の舞台で活躍しているわけですからね。

この試合、なんと決勝点を挙げたのは高卒ルーキー捕手の坂倉選手の
3ランホームランでした。
しかも打った相手は一軍での実績十分のFA加入選手の
森福選手からですからね。これは大きな自信になるでしょう。

こういう活躍を見ると、一軍の首脳陣たちも
「板倉使ってみようかな?」と思うわけで、チャンスをもらった若手選手は
何が何でも爪痕を残してやると頑張る、そして現在のような
強いカープが作られていき、常勝軍団へと変わっていくのでしょう。

一方、敗れたジャイアンツのほうに目を向けてみると、
先ほどもふれたとおりFA加入した森福選手が投げたり、
出場しているメンバーを見ても決して「育成と勝利を両立している」
とは言い難いラインナップでしたね。
しかもそれで敗れてしまっては元も子もないような・・・と思ってしまいますが
皆さんはいかがでしょう。

ジャイアンツにとっても、若手の育成に本格的に力を入れていかないといけない
時期に来たんじゃないですかこれは。
結構このブログでは言っているんですけどなかなか届きませんね笑

試合も見ていましたが、やっぱり野手の層の厚さが違います。
一軍でもどんどん若い野手がカープの場合は活躍していますが
ジャイアンツではまだベテランに頼りきりという状況が続いています。

若手に力をつけるためには、一軍でも二軍でもとにかく試合に出ること
が大事だと思います。実戦に勝るものはないですよやっぱり。

実戦に出る=チャンスの数があるですからね。
どんどんチャンスを与えて選手が結果で答えているのがカープで
チャンスをものにできていないのか、あるいは我慢できずにベテランを使ってしまうのか
わかりませんが、結果を出せていないのがジャイアンツ。

一軍でも二軍でもその対比を表すような結果になってしまいましたね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よろしければコメント、いいね等お待ちしております。

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

コメントを残す