クライマックスシリーズファーストステージが14日から始まる。
しかし、阪神タイガースにとっての真の敵はベイスターズではなく・・・

こんばんはRyoです。

10月14日からプロ野球クライマックスシリーズファーストステージが
始まりますが、実は阪神タイガースにとっても横浜DeNAベイスターズにとっても
目の前の敵よりもヤバい脅威が迫っているのです。

それは・・・

雨。

14日からの甲子園地方の天気予報は4日連続の傘マーク。
スタジアム球場の甲子園球場ですので天気との戦いは
避けられないのですが、この予報はさすがに大変なことですね。

まず、金本監督就任初のクライマックスシリーズでしかも
本拠地開催ということでベイスターズ打破に燃えるタイガースですが
もし雨で中止となってしまうと興業的に大きなダメージです。

本拠地で戦えるタイガースにとってはこのクライマックスシリーズは
大入り満員が予想されるところです。
なんでも3戦で最大9億円の興行収入とも言われています。

タイガース球団にとってはこの「特大臨時ボーナス」を
みすみす逃すわけにはいきません。

仮に3戦すべて雨で中止ということになたらシーズン順位が上の
タイガースがファイナルステージへ勝ち上がるわけですが、
選手としても戦って勝ち上がりたいと思うだろうし、何より
最大9億円の興行収入を逃すのは痛すぎるといったところでしょうか。

そして2年連続クライマックスシリーズ進出を決めている
ラミレス監督率いる横浜DeNAベイスターズですが、
上記のとおり、もし試合が雨でつぶれてしまったら
何もすることなくクライマックスシリーズファーストステージ敗退が
決まってしまうということになります。

選手たちにとっては消化不良この上ない結果になってしまいます。
それだけは何としても避けたいと思っているベイスターズでしょう。

僕はジャイアンツファンですが、同時にプロ野球ファンです。
なのでクライマックスシリーズが雨で全滅なんて結果になってしまうのは
残念すぎるので神頼みしかありませんかね。

まさに神のみぞ知るといったところでしょうか。
いや、ホント晴れさせてくださいお願いします。

とりあえず、てるてる坊主の量産体制に入るしかありませんが
何としても試合は観たいです。熱い戦いにまさに「水を差す」
という結果にならないように関西地方の晴れを願いながら
このあたりで失礼いたします。

マジで晴れてくれホントに笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ