Sponsored Link

ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017が
11月16日から11月19日まで開催される。その代表選手が発表された。

こんばんはRyoでございます。

稲葉篤紀さんが日本代表監督に就任してその初陣となる
「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の
日本代表選手メンバーの発表が行われました。

参加チームはチャイニーズ・タイペイ代表、韓国代表、そして日本代表。
参加資格としてU-24(1993年1月1日以降生まれ)もしくは入団から3年目以内の選手
となっております。若手プロ野球代表ってことですね。

発表されました代表選手はこちらです。

 

▼ 投手
山岡泰輔(オリックス)
又吉克樹(中日/OA)
多和田真三郎(西武)
山崎康晃(DeNA)
近藤大亮(オリックス)
今永昇太(DeNA)
薮田和樹(広島)
平井克典(西武)
石崎 剛(阪神)
堀 瑞輝(日本ハム)
田口麗斗(巨人)

 

▼ 捕手
近藤健介(日本ハム)
田村龍弘(ロッテ)
宇佐見真吾(巨人)
甲斐拓也(ソフトバンク/OA)

 

▼ 内野手
京田陽太(中日)
源田壮亮(西武)
外崎修汰(西武)
中村奨吾(ロッテ)
西川龍馬(広島)
松本 剛(日本ハム)
山川穂高(西武/OA)

 

▼ 外野手
オコエ瑠偉(楽天)
桑原将志(DeNA)
上林誠知(ソフトバンク)

http://www.japan-baseball.jp/jp/games/apbc2017/player_jpn.html

日本野球代表侍ジャパンオフィシャルサイトより引用

こうしてみてみると、今シーズン活躍を見せた若手選手が
ずらっと並んだって感じですかね。

ちなみにOAとはオーバーエイジ枠ってことです。
各チーム3名まで認められています。

まず投手陣を見ていきましょう。
薮田選手、山岡選手、田口選手あたりが先発ピッチャーとして
起用されるんですかね。
クローザーは間違いなく山崎選手でしょう。日本代表としての
「ヤスアキジャンプ」は見られるのでしょうか。

キャッチャーのほうを見てみると、ちょっと誰が
先発マスクをかぶるのかわかりませんね。
近藤選手はキャッチャー登録ではありますが普段は野手として
出場しているので、3選手がローテーションでマスクをかぶるのかな?

内野手を見てみましょう。
京田選手、源田選手といった今年ルーキーながらチームの
ショートストップのポジションを勝ち取った二人ですが
どちらがスタメンショートに抜擢されるのでしょうか。
あとオーバーエイジ枠ですが山川選手の長打力には期待大ですね。

最後に外野手。
上林選手は今年ブレークした注目株、オコエ選手も2年目の今年
シーズン中盤から後半にかけてかなりの活躍を見せてくれました。
桑原選手は今やベイスターズの無くてはならない切り込み隊長ですからね。
僕の予想では1番センターで桑原選手が起用されるのではと思っています。

いかがだったでしょうか。

これからプロ野球はクライマックスシリーズ、日本シリーズと
進んでいくわけですが、オフシーズンも目が離せない試合があり
野球は1年中楽しめるスポーツなんだなぁとしみじみ思います笑

ちなみに僕が一番期待している選手はジャイアンツから選ばれた宇佐見選手です。
代表に選ばれたことによって、一皮むけてさらに素晴らしい選手になってくれれば
ジャイアンツファンとしてはサイコーですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

コメントを残す