他のチームのユニホームを着て、ジャイアンツを敵に回して戦う
イメージがどうしてもできなかった・・・
ジャイアンツ愛を貫いて現役を退くこととなった。

こんにちはRtoです。

本日からクライマックスシリーズが始まり
いよいよポストシーズンが盛り上がってきたところですが
ジャイアンツファンには少々残念なニュースが入ってきました。

7日に戦力外通告を受けた藤村大介選手(28)が
現役引退を表明しました。

熊本工から2007年に高校生ドラフト1位でジャイアンツに入団。
2011年にはセカンドのレギュラーとして28個の盗塁を記録し
盗塁王のタイトルを獲得しました。

しかし、ここ最近のシーズンはなかなか成績、出場機会ともに
恵まれず、ファーム暮らしが長かったことも事実です。

何とか出場機会を得るために外野手にも挑戦した藤村選手でしたが
今年戦力外、そしてまだ28歳という若さではありますが引退となりました。

引退後の去就については、スタッフとしてジャイアンツに残るようです。
合同トライアウトに挑むことも考えていたそうですが、最後まで
ジャイアンツに身を置きたいという思いが強かったようです。

それは会見でのコメントにも表れています。

 

「現役を引退し、球団でお世話になる決意を固めました。

やりきったので、未練はありません」

「他のチームのユニホームを着て、ジャイアンツを敵に回して戦う

イメージがどうしてもできなかった。一筋でいたい」

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/14/kiji/20171014s00001173186000c.html

この言葉からもわかる通り、ジャイアンツ愛に満ち溢れた選手でした。

好きな選手でしたし、まだ若かったので戦力外になっても
まだ別のチームで活躍してくれるのではと思っていましたが
ジャイアンツ愛を貫いたプロ野球人生ということになりました。

まだポストは決まってはいないようですが、今後は球団職員として
やっていくようですね。

明るく、人当たりのいい性格の人ですから
いい広報さんとかになりそうだなぁと思っています。

しかし、やっぱりジャイアンツファンとしては残念です。
球団職員としてこれからの第2の人生が光あるものになってくれれば
いいと思っています。

村田選手の戦力外もありましたが、何とか若返りを図るジャイアンツ。
来季はどんなチームになっていくのでしょうか。

何はともあれ、藤村選手、お疲れ様でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ