9mm Parabellum Bulletというバンドをご存じだろうか。
00年代後半の邦楽ロック界を震撼させたバンドである。
彼らのサウンドは「カレー」そのものだ。

こんにちはRyoです。

皆さん「9mm Parabellum Bullet」というバンドを
ご存知でしょうか?

僕はこのバンドを高校生の時知りまして
高校時代はずっと聴いていました。
登下校時や授業の合間などなど・・・
今でも新譜が出るたび購入していますし、ライブも楽しみにしています。

僕が9mm Parabellum Bulletを初めて知ったのがこの曲です。

『Supernova』という曲ですが、イントロのツインリードに
一目ぼれしてしまいました。
現在でもライブでは定番の曲ですね。

ところで、冒頭に彼らのサウンドは「カレー」だといいました。
それはなぜなのか?

9mm Parabellum Bulletファンのリスナーなら
僕の言いたいことがなんとなく伝わるのではないかと思いますが
ご存じない方はこの『Supernova』を一度聴いてみてから
この曲を聴いてみてください。

9mm Parabellum Bulletの楽曲の多くははギターの滝善充さんが
作曲を手掛けているのですが、滝さんはほかのアーティストさんにも
楽曲提供をしています。

その代表的な方が女優の栗山千明さん。
ミュージックステーションとかにもたびたび出演していましたね。

そしてその楽曲『とよす☆ルシフェリン』がこちら。

うん。9mmだわこれ。イントロからもう9mm丸出しだもん笑

この楽曲で栗山千明さんがミュージックステーションに出演したとき、
滝さんがギターとして出演していたのですが、その際滝さんの
パフォーマンスがライブさながら激しすぎて初見の視聴者は
「栗山千明の横で暴れている奴誰だ!?」となりましたが
9mmファンは「なんだいつもの滝善充ではないか」と冷静でした。

9mm Parabellum Bulletは栗山さんにもう一曲楽曲提供していまして
それが栗山千明さんのファーストアルバム『CIRCUS』の1曲目
『ルーレットでくちづけを』という曲です。

ぶっちゃけこの曲もイントロから9mm感しか感じない
楽曲提供者に少しでも寄せる気はなかったのかといいたくなるほど
9mm Parabellum Bulletなんです笑

ここまでくればお分かりになると思いますが、
カレーパンやカレーうどんなどなどある料理にカレー味を入れると
もう全部がカレーになってしまうかのごとく、
どんなアーティストが歌っても9mm Parabellum Bulletのサウンドは
9mm Parabellum Bulletになってしまうのです。

実際、栗山千明さんに楽曲提供したこの2曲はすごくいい曲ですよ。
9mm Parabellum Bulletファンってことを抜きにしても楽しめる楽曲であることは
間違いないですので興味のある方は是非お手に取ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ