セントラルリーグ、パシフィックリーグともに
今日18日からクライマックスシリーズファイナルステージが始まる。
ファーストを勝ち上がった勢いが勝るのか、それとも優勝チームが
強さを見せつけるのか・・・

こんにちはRyoです。

今日からセリーグ、パリーグともに
クライマックスシリーズファイナルステージが開幕します。

セリーグは広島東洋カープVS横浜DeNAベイスターズ
パリーグは福岡ソフトバンクホークスVS東北楽天ゴールデンイーグルス
の顔合わせとなりました。
どちらもリーグ1位と3位の組み合わせですね。
セリーグはMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島
パリーグは福岡 ヤフオク!ドームにて18:00よりプレイボールです。

今回はファイナルステージの見どころをリポートしようと思います。

まずはパリーグから。

先発投手陣を見ていきましょう。
ホークス予告先発は最多勝のタイトルに輝いた東浜選手。
イーグルスは塩見選手となっています・

東浜選手は今シーズン対イーグルス戦は5試合に先発し
3勝2敗ですが防御率は1.94と抜群の安定感を誇っています。
一方塩見選手は対ホークス戦は1試合の登板ですが1勝0敗
防御率1.69と相性は悪くありませんね。
序盤は投手戦となることが予想されます。

ファーストステージで登板した則本選手、美馬選手、岸選手は
第3戦目以降の登板となりそうなので、1戦目2戦目はイーグルスは
裏ローテーションの投手で戦わなければなりませんので
ファーストステージで打撃好調だった茂木選手、ウィーラ―選手あたりの
打棒に期待するといったところでしょうか。

ホークスのほうは主砲の柳田選手が脇腹痛のため戦線離脱していますので
それがどう影響してくるのか、なんにしても主砲抜きで戦わなければならないホークスの
攻撃力ダウンは必至です。
イーグルスはそこに付け込んでいきたいところではないでしょうか。

続いてセリーグ。

同様にまず先発投手から見ていきましょう。
セリーグは予告先発投手の発表はありませんので予想になってしまいますが
カープは薮田選手、野村選手、ベイスターズは石田選手、濱口選手あたりが
第1戦第2戦の先発を任されるところでしょう。

打撃面でいえば、今シーズンはお互いに打ち合ったゲームが多かった両者なので
ファーストステージに続きファイナルステージも打撃戦が予想されます。
カープにとっては今シーズン唯一貯金が作れなかったチームがベイスターズでしたので
正直相性の悪さは感じているだろうし、ベイスターズから見ても対カープ防御率が
5.26とかなり打ち込まれている結果になっているので、相性の悪さという面では
ベイスターズも同様でしょう。

こうしてみてみると、セリーグは乱打戦、パリーグは投手戦となりそうな
試合前の予想になりますね。

各チーム注目選手をピックアップしてみましょう。
ベイスターズは今季打点王、ファーストステージでも活躍を見せたロペス選手
カープは対ベイスターズ戦で今シーズン相性のいい1番の田中選手。

イーグルスはファーストステージで先頭打者ホームランを放った茂木選手
ホークスは今年ブレイクした上林選手といったところでしょうか。

どちらにしても激しく熱い戦いが待っていることは間違いありません
楽しみにプレイボールを待つことにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ