政府は、天皇陛下の退位を2019年3月末とし、
4月から皇太子さまが即位することで最終調整しているということを
発表する方針だ。平成は31年で終わりとなる・・・

おはようございますRyoです。

今朝からいきなりおおきなニュースが入ってきましたね。

政府が現天皇陛下の退位日を2019(平成31)年3月31日とし
翌4月1日に現皇太子さまが新天皇陛下として即位し
同日に新元号を施行するという方針であるということがわかりました。

政府は、衆議院議員総選挙が終了した11月以降に
「皇室会議」を開催し、天皇陛下退位についての
具体的な特別法の施行日について決定していくそうです。

天皇陛下は前々から生前退位のご意向を表明しておりましたが
これによってその生前退位が現実的になってきたというわけですね。

年齢のことに触れるのは正直失礼ではありますが
現在天皇陛下は83歳というご高齢であります。
しかし、ご高齢でありながらも様々な祭儀を執り行ったり
諸外国への訪問、日本各地への訪問など精力的に
天皇としての活動を行ってきました。
83歳とは思えないほどのパワフルさですよね。

特に、震災後は被災地等へ訪問し、現地の方々にお声をかけていましたが
天皇陛下にお声をかけていただいた方たちにとっても
非常に感慨深いものがあったのではないかと思っています。

しかしやはり83歳という年齢ではありますので、今後は
後進へと後を託していきたいというのが天皇陛下のご意向だったのでしょう。

実際、天皇陛下が生前退位をされたら現在の皇太子さまが
新しく天皇として即位することになりますが、天皇陛下は退位された後
どのような地位に就くのでしょうか?

まぁその辺を皇室会議で決定するんでしょうけど
上皇とかになるんですかね?

そのへんも気になるところです。

昭和天皇が崩御されたのが1989年1月7日。
その後新しい元号として「平成」の時代が始まりましたが
振り返ってみると平成は大きな災害との戦いの時代だったのではないでしょうか。

阪神・淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災・・・
それ以外にも各地で地震や大雨による災害が多かった時代です。

2019年3月31日に生前退位することによって平成は31年で幕を閉じます。
平成生まれの僕にとっては初めての元号改訂になるわけですね。

ところで、この元号が変わることによって忙しくなるのが公官庁や
公官庁向けにシステム発注しているIT関連の会社ですね。
未だに役所とかは書類等は元号主義を取っていますので、
それの総入れ替えってことになりますからこれは大忙しですよ。

まぁこれは余談でしたね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ