セントラルリーグクライマックスシリーズファイナルステージ
第5戦がマツダスタジアムで18:00プレイボールとなった。
昨日逆転勝ちで日本シリーズへ王手をかけた横浜が勢いそのまま
日本シリーズ進出を決めるのか。それとも崖っぷちに立たされた
広島が優勝チームの意地を見せるのか。注目の一戦だ。

 

 

 

 

 
こんばんはRyoです。

今日もいつもの通り、クライマックスシリーズファイナルステージ
第5戦の模様をリポートしていきたいと思います。

昨日の結果、ベイスターズが3勝、カープが2勝となりまして
ベイスターズが日本シリーズ進出へ向け王手をかけました。
カープとしては今日は絶対に落とせないゲームとなっています。

それでは試合のほうにいってみましょう。

先発はカープ野村選手、ベイスターズ石田選手でした。
野村選手、石田選手ともに雨天順延の影響もあってか当初の予想通り
ローテーションを詰めて来ましたね。
カープはこのシリーズ不振にあえぐ松山選手を5番に下げ
ベテランの新井選手を4番に据えてきました。
ベイスターズはいつもと同様のオーダーといったところでしょうか。

まずは1回裏。とにかく先制点がほしいカープは1番の田中選手が
左中間を割るツーベースでいきなりチャンスを作ります。
2番の菊池選手が送りバントを決め、3番丸選手がタイムリーを打ち1点先制。
さらに今日5番に下げられた松山選手が意地のタイムリーで2-0とします。

しかし2回表、今シーズン首位打者のタイトルを獲得した宮崎選手が
レフトへの特大ソロホームランで2-1。流れは五分五分といったところでしょうか。

2回裏、ラミレス監督はいきなり石田選手から三嶋選手へスイッチします。
起用に答えた三嶋選手が3人でぴしゃりと抑えるリリーフを見せます。

続く3回表、桑原選手がレフトポール直撃の逆転ツーランホームランで3-2。
さらに4回表、ルーキーの細川選手がタイムリーで4-2。
5回表、2アウトから筒香選手のツーランホームランで6-2。
これで完全に流れはベイスターズです。

カープはチャンスを作るもののそのチャンスを
テンに結び付けるような攻撃ができません。ズルズルと回を重ねていきます。

しかし、意地を見せるカープ。
昨日完璧なリリーフを見せた三上選手から新井選手が追撃の
ソロホームランを放ち6-3とします。
その後、2アウト1、2塁のチャンスを作り、代打岩本選手が起用されます。
しかしここで岩本選手が昨日の雪辱を晴らすことができず1点どまり。
ただ反撃ののろしを上げる新井選手の一発となりました。

7回表、先頭の筒香選手が2打席連続となるソロホームランで7-3。
簡単に流れは渡さないと日本の4番の真価を発揮します。
8回表、梶谷選手がツーランホームランで9-3としダメ押し点を加えます。

そして最終9回裏にはもちろん山崎選手が上がります。
抜群の安定感で3者凡退に抑えゲームセット。

ベイスターズが史上最大のゲーム差を覆しての
日本シリーズ進出を決めました!!

そして日本シリーズはベイスターズ対ホークスということになりました。
日本シリーズは28日から始まります。

熱い戦いを期待しましょう!!

人気ブログランキングへ