「指導の名のもとに行われたいじめではないのか?」
度重なる教員からの指導により精神的苦痛を受けたとして
大阪府の高校3年生が大阪府を提訴した・・・

 

 

 

 

 
どうもこんにちはRyoです。

今日、ネットニュースを見ていたら衝撃的なニュースが入ってきました。
大阪府の高校3年生の女子生徒が頭髪が生まれつき茶色いのにもかかわらず、
教員から度重なって指導を受けたうえ、中傷を受け、精神的苦痛を受けたということで
大阪府を提訴したというニュースです。

ニュースの中身を読んでみましょう。

この女子生徒は、生まれつき頭髪が茶色いそうですね。
生まれつき茶色いって人は結構いますよね。

この方は、中学時代に黒染めで嫌な思いをしたことから、高校には入学前に
事情を説明していたようですが、入学後、学校側は1、2週間ごとに黒く染めるように指導。
さらには2年生の2学期からは4日ごとに黒染めを指導していたそうです。

度重なる染髪によって、頭皮は傷つき、髪はぼろぼろになってしまったそうです。
多感な高校生時代、しかも女性にとって、髪が傷んでしまうのはかなりの苦痛だと思います。

それに加え、教諭から「母子家庭だから茶色くしているのか」と中傷されたり、
指導を受けているときに過呼吸になり、救急車で運ばれたこともあったようです。
加えて、茶髪を理由に文化祭や修学旅行には参加させてもらえなかったそうで。

この生徒は昨年9月、「黒染めしないなら学校に来る必要はない」
と言われて以来、登校していないようです。
この高校は、今年4月、この生徒の名前を名簿から削除。他の生徒や保護者には
退学したと虚偽の説明をしたということだそうです。

このニュースの概説だけ見ると、明らかに問題があるのは学校側ですね。
入学前から事情の説明を受けていたにもかかわらず、1、2週間ごとに
黒染めを指導していたというのはこれは行き過ぎた指導でしょう。

さらに、「母子家庭だから茶色くしているのか」というような言葉は
決して教育者が放っていい言葉ではありません。それは明らかです。

学校側としても、他の生徒や保護者に虚偽の説明をしていたとのことですが
それが事実ならばこれは大問題になるべきことです。

まぁ、学校側としても事情はあろうとは思いますが、多様性を認める社会にしようとする
大人側が多様性を排除するような姿勢ではたしていいのでしょうか?
本当に昔から思っていたのですが、学校という閉鎖的な社会では、子供にとっては
そこが社会のすべてになりうるんです。それを、学校以外にも社会を持っている
教師(大人)が全く分かってないんですよね。

ちょっと憤りを感じるニュースでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ