読売ジャイアンツが今日、實松一成選手との
来季の契約は結ばないと発表した。
日本ハムから巨人へと渡り、主に控えキャッチャーとながらも
扇の要を守ってきた松坂世代最強捕手が戦力外となった・・・

 

 

 

 

こんにちはRyoです。

ジャイアンツファンにとっては、ちょっと残念なニュースが飛び込んできました。
読売ジャイアンツは實松一成選手と来季の契約は結ばないとの発表です。
つまり戦力外ですね。

實松選手は、主に控えのキャッチャーながらも
ベテランとして培ってきたインサイドワークでジャイアンツ投手陣を
支えてきた選手ですが、今年は主に小林選手がスタメンでフルに
マスクをかぶることが多く、出場機会は激減しておりさらに今年のドラフトにて
ジャイアンツは育成選手を含めると4人のキャッチャーを指名していますので
若手育成へとシフトを切った球団にとっては構想外となったということでしょう。

ジャイアンツは今オフ、村田修一選手も自由契約としまして
フロントは何とか若手育成へと舵を切っていきたいということが
こういった「ベテラン切り」に表れていますね。

確かに、ファンとしては若手育成へと舵を切ってくれるのは
それが成功するしないにかかわらずうれしいことではあるのですが
いままでチームを支えてきてくれていたベテランがチームから姿を消すというのは
やはり一抹のさみしさはぬぐえないところがあります。

ちなみに、戦力外通告と自由契約とはどのような違いがあるかご存知ですか?

簡単に言ってしまえば戦力外通告は「事前解雇通知」
自由契約は「解雇(=クビ)」ってことですかね。
ものすごーく簡単に言っていますけど。

戦力外通告を受けた選手は、自由契約となって現役を続行するのか、
それとも引退をするのか、選ぶことができます。
「あなたと来季の契約は結びませんから去就を決める時間を与えますよ」
というのが戦力外通告です。

一方自由契約とは、ほかの球団と自由に来季以降の契約を
結べる状態になるということですね。

一般的には戦力外通告→自由契約or引退という形になります。

さて、「松坂世代最強捕手」と言われた實松選手。
今後どのような去就をたどるかはまだ発表されていないのでわかりませんが、
僕個人的にはまだまだやれる選手だと思っています。
現役続行を望むところです・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ