日本シリーズ第3戦が、今日から舞台を変えてベイスターズの本拠地
横浜スタジアムで行われる。
福岡では2連敗を喫したベイスターズは、本拠地に場所を移し
巻き返しを図ることはできるだろうか・・・?

 

 

 

 

 
こんばんはRyoです。

今回は、日本シリーズ第3戦のリポートをしていきたいと思います。

実は、第2戦もリポートする予定だったんですが
残念ながら見れませんで・・・泣

今回はその分、たっぷりと第3戦の模様をお伝えしたいと思います!

今日からの3連戦は、舞台を福岡から横浜へ移して行われます。
つまりベイスターズのホームゲームとなるのでDH制はありません。
ピッチャーも打席に立つわけです。

福岡での2試合はホークスが2勝という結果に終わりましたが
ベイスターズとしては久しぶりにホームに戻るわけですから
ここからなんとか挽回していきたいところですね。

それでは、ゲームのほうに参りましょう。

先発メンバーを見てみましょう。
先発ピッチャーはベイスターズがウィーランド選手、ホークスが武田選手。
スターティングメンバーはどちらのチームもほぼ固定ですね。
ベイスターズの柴田選手と梶谷選手の入れ替えくらいですか。
ベイスターズはホームに戻ったということで、シーズン通り8番に投手をいれています。
ホークスは、1番に柳田選手を置く盤石のオーダーです。

ゲームはいきなり動きます。
1番柳田選手がヒットで出塁、その後盗塁と送りバントで3塁へ。
4番の内川選手がタイムリー2ベースを放ちまずはホークスが先制。
3試合連続初回にホークスが先制するという流れになっています。

4回表、ホークスが1アウト2、3塁のチャンスを作ると、8番髙谷選手が
前進守備の二遊間を抜けるタイムリーで2点追加し3-0とリードを広げます。

何とか点を取りたいベイスターズは、1アウトランナーなしの状況で
3番ロペス選手がレフトへ弾丸ライナーのソロホームランで1点を返します。
その後、後続が繋ぎ1アウト満塁の場面を作りますが、7番柴田選手が
内野フライで2アウト。8番ウィーランド選手の打棒に期待が寄せられましたが
武田選手がここは踏ん張り三振に打ち取ります。
正直、柴田選手が最低限の打撃ができなかったのが痛かったですね。

6回表、ホークスが1アウトランナー2、3塁のチャンスを作りバッターは代打川島選手。
ここでスクイズを仕掛けますがベイスターズピッチャーの砂田選手が
見事なグラブトスでこのスクイズを阻止。さらに続く髙谷選手をライトフライに打ち取り
なんとかベイスターズはゼロでここをしのぎます。

6回裏、筒香選手、宮崎選手のヒット、嶺井選手の送りバントで1アウト2、3塁。
ここで柴田選手が12球粘ってフォアボールをもぎ取り満塁とします。
続く代打の乙坂選手は三振に倒れるも、9番倉本選手が粘りに粘って
執念の内野安打を放ち3-2とします。意地の一打でしたね。

8回表、ベイスターズのマウンドには中2日で井納選手が上がります。
ここを筒香選手のスーパーキャッチもあり無失点で味方の攻撃を待ちます。

しかし追加点を取ることができず、最終9回。
サファテ選手が三者凡退に抑えゲームセット。

これでホークス3勝、ベイスターズ0勝とベイスターズにとってはあとがなくなりました。

ベイスターズにとっては、1番の桑原選手が出塁できないのが痛いです。

さて、明日も横浜スタジアムで試合があります。
ベイスターズが意地を見せるのか、ホークスが一気に決めてしまうのか。

注目の一戦になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。