日本シリーズ第4戦。現在ソフトバンク3勝、横浜0勝。
ソフトバンクの圧倒的な力の前にこのままやられるわけにはいかない横浜は
先発のマウンドをルーキーの濱口に託す。一気に決めてスイープと行きたい
ソフトバンクはベテランの和田の左腕に日本一をかける・・・

 

 

 

 

 
こんばんはRyoです。

海の向こうアメリカではワールドシリーズが第7戦までもつれ込む
熱い戦いが繰り広げられていますが、日本シリーズも盛り上がっています。

しかし、星勘定はホークス3勝、ベイスターズ0勝。
シーズンを制したホークスの圧倒的な力にベイスターズはなかなか
勝機を見いだせないでいます。
ホークスにとってはあと1勝で日本一。かなり意気も上がっていることでしょう。

そんな日本シリーズ第4戦。ベイスターズはルーキーの濱口選手が先発。
ホークスはベテランの和田選手。サウスポー対決ということになりました。

そんな第4戦の模様をリポートしていきたいと思います!

まず序盤3回は投手戦となりました。
ベイスターズ濱口選手は2四死球を許すもノーヒットピッチング。
ホークス和田選手は1番桑原選手に2安打を許すも無失点に抑えます。
ベイスターズにとっては当たりの無かった桑原選手にヒットが出たのは好材料です。

回は進みますが投手戦は続きます。
和田選手、濱口選手ともにかなり飛ばしていますね。
和田選手はストレート、濱口選手はチェンジアップのキレが抜群です。
濱口選手はなんと5回までノーヒットピッチングが続いています。

均衡が破れたのは5回裏。今シーズン首位打者の宮﨑選手のソロホームランで
ベイスターズが1点先制。このシリーズベイスターズが初めて先制します。
さらにヒット2本と送りバントで1アウト2、3塁。ここで倉本選手が
犠牲フライを打ち2-0。流れをベイスターズに引き寄せる仕事をしました。

躍動するはベイスターズ濱口選手。
7回までノーヒットピッチングを続け、ルーキーながらもとんでもないことを
やってのけてしまうのではないかとスタジアムは異様な空気が流れます。

濱口選手の好投に答えるべく、7番の高城選手がソロホームランを放ち3-0。
女房役が濱口選手を助ける素晴らしいバッティングを見せました。

ノーヒットピッチングを続ける濱口選手でしたが8回1アウトのところで
代打鶴岡選手にこの試合初めてヒットを打たれます。7回1/3でノーヒットは途切れました。
これは日本シリーズ歴代2位タイの素晴らしい記録です。
その後、柳田選手に内野安打を打たれたところで濱口選手は7回2/3で降板。
後を受けたパットン選手が今宮選手を三振に抑えこの回をゼロに抑えます。

8回裏、宮崎選手のタイムリー高城選手のタイムリーで3点追加。
そして9回にはこのシリーズ初登板のクローザー山崎選手が上がります。
山崎選手が3人を完璧に抑えゲームセット!
ベイスターズが日本シリーズ初勝利となりました。

今日はベイスターズは濱口選手につきますね。
途中までのノーヒットピッチングもそうですが気迫あふれる投球は
打線にも伝わったんじゃないでしょうか。

これでまだまだ面白くなってきた日本シリーズ。

明日も熱い戦いを期待しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ