昨日、あわやノーヒットノーランかというピッチングで
チームの窮地を救ったDeNA濱口。まだまだ崖っぷちに立たされていることは
変わりないベイスターズではあるが、ここから巻き返しといけるだろうか。
それともホークスが今日日本一を決めるのだろうか・・・

 

 

 

 

 
こんばんはRyoです。

日本時間の今日、海の向こうアメリカでは一足早く
アストロズがワールドチャンピオンに輝きましたが
日本シリーズも昨日ベイスターズ濱口選手の好投で
ベイスターズが1勝、ホークスが3勝という星勘定になりました。

ベイスターズがまだまだ追いすがるのか、ホークスが一気に決めるのか。
そんな日本シリーズ第5戦の模様をリポートしていきたいと思います。

先発メンバーを見てみましょう。
ベイスターズは石田選手、ホークスはバンデンハーク選手の先発です。
スターティングメンバーはほぼ変わりなくといったところでしょうか。
ベイスターズ梶谷選手が7番に下がったくらいですかね。

それではゲームのほうに参りましょう。

このシリーズ、重要なポイントとなっているのが先制点。
これまでの試合は先制したチームが勝っているという状況になっています。
今日の試合先制したのはホークス。2番今宮選手がヒットと盗塁で2塁へ、
4番の内川選手がライトへタイムリーを放ち1点先制します。

序盤3回ホークスバンデンハーク選手はパーフェクトピッチング。
真っ直ぐの走りが抜群でベイスターズ打線はなかなかとらえられません。

4回裏、2アウトからロペス選手が2ベースで初ヒット。その後
4番の筒香選手がセンターへ逆転の2ランホームランを放ちます。
ここまで完璧に抑えられてきたバンデンハーク選手から筒香選手の
シリーズ初ホームランでベイスターズが2-1と逆転します。

しかし、簡単に流れは渡さないホークス。柳田選手がヒットと送りバントで2塁へ行き
キャッチャーがボールをほんの少しはじいたところですかさず3塁へ。
3番のデスパイネ選手の犠牲フライであっという間に1点を返し同点に追いつきます。
さらに内川選手がヒットで出塁し、5番中村選手がフルカウントからライトスタンドへ
逆転の2ランホームラン。これでスコアは4-2となりました。

このままやられるわけにはいかないベイスターズは、6回裏、桑原選手のヒット、
ロペス選手のフォアボールでランナー1、2塁。ここで4番筒香選手がセンターへ
タイムリーを打ち1点差。4-3とします。さらに続く宮崎選手がセンターへ同点
タイムリー。これで4-4。ホークス勝ちパターンのモイネロ選手から2本
タイムリーを放ちました。そして代打嶺井選手のセカンドゴロの打球を
ホークス明石選手がタイムリーエラー。ついにベイスターズが5-4と逆転します。

そして最終回はもちろん山崎選手。ランナーを満塁とするピンチを背負うも
なんとかしのぎ切りゲームセット。5-4で終わりました。

今日は筒香選手につきますね。
3打点でチームの勢いを持ってきました。

これで舞台は福岡へと戻ります。
ベイスターズの3連敗からの4連勝はあるのか?
それともホークスが地元で工藤監督を胴上げするのか?

第6戦はあさってです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ