こんにちはRyoです。

今日は国民の休日、「文化の日」です。
「金土日が休みになってラッキー」と思ってるそこの
ボーイズ&ガールズたちは文化の日の意味を知っているかい?

そんなわけで今回は文化の日についてです。

文化の日の趣旨は「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」
とのことです。
・・・正直なんのこっちゃわかりませんね。

しかし、文化の日が制定された経緯を知れば、この意味が分かるんです。

11月3日。日本史を勉強した人、というか日本国民は皆知っていなくちゃいけない
大事な日ですよね。
そう、11月3日は1946年に日本国憲法が公布された日なんです。
日本国憲法は、平和と国民の文化、健康、安全を保障する憲法です。
なので、この憲法が公布された11月3日が国民の休日として
「文化の日」ということになっているわけですね。

「あれ?憲法記念日はどうなるの?」
いいことに気づきましたね。って何一人芝居してんだ笑

それはさておき、憲法記念日は日本国憲法が「施行」された日なんです。

「公布」と「施行」この違いが分かりますか?

まず「公布」は、国民に「こんな法律ができますよ」って
お知らせすること。つまりまだこの時点では法律は効力を発していないわけです。

そして「施行」。これは実際に法律が効力をもって実行されることを言います。
すなわち、法律を「公布」して国民に知らせて、「施行」の日が来たらその日から
法律の効力が生じるというわけなんですね。

つまり、文化の日は「日本国憲法という法律ができますよ~」って
国民に知らせた日ということなんですね。
ものすごーく噛み砕いて言っていますけど。

ただ実は、この「文化の日」ですが、本来は違うものだったようです。

この11月3日というのは、明治天皇の誕生日「明治節」と呼ばれる
休日だったんですね。
明治天皇が崩御されたあと、国民から明治天皇の誕生日を休日にしてほしい
との声が上がったため、「明治節」という国民の休日となりました。

しかし、戦後GHQは、日本の弱体化を図るために、天皇、神道に関するものは
ことごとく排除しようとする動きを見せます。
その流れの中で、「明治節」という休日もなくなってしまったわけです。
ただ、当時の日本政府もどうしても明治天皇の誕生日は残しておきたい
という思いがあったため、この日を「文化の日」という新しい休日にして
残したというわけなんですね。

形式上は「日本国憲法公布の日」ですが実は「明治天皇の誕生日」というのが
11月3日が国民の休日としてあるべき理由なんですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ