ソフトバンク3勝、DeNA2勝で再び福岡に戻った日本シリーズ。
崖っぷちの状態は変わらないものの、ここにきて打線のつながり
を見せるDeNAは直近2連勝と勢いに乗る。
一方、福岡のファンの前でソフトバンクは胴上げをすることができるのか・・・

 

 

 

 

 
こんばんはRyoです。

ホークス3勝、ベイスターズ2勝で日本シリーズが福岡へ戻ってきました。

シリーズ開幕3連勝、一気にスイープかと思われたホークスでしたが
崖っぷちから這い上がってきた強さは本物だったベイスターズが
2連勝でシリーズは第6戦までもつれ込みました。

そんな日本シリーズ第6戦の模様を
たっぷりバッチリリポートしていきたいと思います。

スターティングメンバーを見てみましょう。
先発ピッチャーはホークスが東浜選手、ベイスターズが今永選手。
ともに中5日での登板になりますね。
第6戦、第7戦(行われれば)はホークスのホームゲームなのでDHがあります。
ホークスはDHにシーズン通りデスパイネ選手を、レフトには長谷川選手を置きました。
ベイスターズは7番DHに白崎選手を持ってきました。シリーズ初出場ですね。
果たしてこれが功を奏すのか。ゲームのほうに行ってみましょう。

2回表、先頭の宮﨑選手がフォアボールで出塁、6番の柴田選手が
送りバントでランナーをセカンドへ送ります。そして7番DHに起用された
白崎選手がヒットでつなぎ起用に答えます。これでランナー1、3塁。
バッターは東浜選手にとっては沖縄尚学高校の後輩にあたる嶺井選手。
フルカウントからシンカーで空振りを取り、さらにランナーを刺して三振ゲッツー。
一気にチャンスをフイにしてしまったのはベイスターズでした。

ゲームが動いたのは2回裏。今日は抜群の立ち上がりを見せていた今永選手から
6番松田選手が2アウトからソロホームランで1点先制。
このシリーズホークスが5度目の先制をしました。

何が起こるかわからないのが日本シリーズ。こういうときは得てして
伏兵が活躍するものです。5回表、今日7番DHに抜擢された白崎選手が
値千金のソロホームランでベイスターズ同点。1-1。
今永選手が先制されても何とか粘って投げてきたことが得点につながっています。
さらに畳み掛けるベイスターズは、1アウトから倉本選手、桑原選手が
連打でつなぎ1、2塁のチャンスを作り、ここで東浜選手がマウンドを降ります。
ここで2番の梶谷選手がシーズン中は一度もなかった送りバントを
セーフティー気味に決めてランナーを送ります。ホークス工藤監督はここで
小刻みに継投していきます。ロペス選手に対して右の石川選手を持ってきますが
石川選手からロペス選手が逆転のタイムリーを放ちスコアを3-1とします。
ベイスターズの勢いを感じさせる5回の攻撃でした。

圧巻は今永選手のピッチング。5回までに9奪三振被安打1。
同一シリーズで2度の2ケタ奪三振を達成すればダルビッシュ選手以来二人目となります。
今永選手は7回裏、内川選手から三振を奪い、2ケタ奪三振達成。
ダルビッシュ選手以来史上2人目の快挙となります。
結局今永選手は7回0/3、1失点でマウンドを降ります。8回先頭の長谷川選手に
2ベースを許したところでの降板になりました。内容としては素晴らしいです。

8回裏、先頭の長谷川選手が2ベースでチャンスメイク。ここで今永選手を
マウンドから降ろしますが、ラミレス監督はここで井納選手にスイッチ。
ワンポイントリリーフでセカンドゴロに打ち取り、今度は砂田選手にスイッチ。
内野ゴロの間に1点は取ったものの、ホークスはタイムリーが出ません。
一方ベイスターズは砂田選手の後はパットン選手。1球でアウトを取り9回につなげます。

9回裏、ベイスターズのマウンドにはもちろん山崎選手。
相対するはクリーンアップのデスパイネ・内川・中村。

野球の神様はまだこの試合を終わらせる気はないようです。
4番内川選手が山崎選手から同点のソロホームラン。3-3。
後続は山崎選手が退けましたが、大きな1点が入りました。

ホークスはクローザーのサファテ選手がビハインド時からマウンドに上がり続け
ベイスターズに得点を許しません。これが大きかった。

延長11回裏、2アウト1、2塁の場面。ここでピッチャーは三上選手にスイッチ。
バッターは川島選手。川島選手がライトへサヨナラタイムリーを放って
ゲームセット。4-3。

福岡ソフトバンクホークスが2年ぶりの日本一の栄冠に輝きました!
おめでとうございます!!

MVPはサファテ選手。今シーズン54セーブを挙げたホークスの絶対的守護神が
3イニングの熱投でベイスターズに得点を許さずサヨナラ勝ちを呼び込みました。

ベイスターズは3連敗の崖っぷちからの2連勝で福岡に乗り込みましたが
最後、守護神の山崎選手が同点ホームランを浴び、三上選手がサヨナラ
タイムリーを打たれるという結果になってしまいました。

窮地の場面で同点ホームランをはなった内川選手、サヨナラタイムリーの川島選手。
MVPには選ばれなかったものの、素晴らしい働きを見せました。

これで日本シリーズは終わったわけですが、振り返ってみれば
なかなか面白いシリーズだったと思っています。

いきなりの3連敗からのベイスターズが意地の2連勝で福岡へ。
しかし、最後は王者の威厳といいますか、下剋上は許さないという
ホークスの強さが際立ったシリーズだったと思っています。

これで2017シーズンプロ野球は終わります。

少々寂しいですが、今年も面白いシーズンでした。

来年も熱い戦いがたくさん見られるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ