日本ハムの竹田憲宗代表取締役社長、栗山英樹監督が10日、都内で記者会見を開き、

大谷翔平投手のポスティングシステム(入札制度)によるメジャー移籍を容認することを明かした。

現在失効中のポスティングシステムが新たに締結されることが条件とはなるが、

二刀流右腕のメジャー挑戦がこれで正式に決まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00092360-fullcount-base

 

 

 

 

 

こんにちはRyoです。

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手(23)の
今オフのメジャーリーグ挑戦か決定的となりました。

球団が今日10日、都内で記者会見を開きまして、
竹田憲宗代表取締役社長、栗山英樹監督が大谷翔平選手の
ポスティングシステムによるメジャー移籍を容認する旨を発表しました。

これによって、今オフに大谷翔平選手をめぐるマネーゲームが
行われることになりますが、いったいどの球団が入札を行うのでしょう?

昨日大谷翔平メジャーでも二刀流!?ドジャース編成部長が語る!
という記事にて、ロサンゼルス・ドジャースが獲得に前向きであるという
ことを書きましたが、これだけの素材ですので、ドジャース1球団のみ
ということにはならないでしょう。

日本のプロ野球ファンとしては、これだけのスター選手がまたメジャーか・・・
という気持ちも少なからずはあるのですが、やはり、野球の最高峰は
MLBであることは間違いないです。

大谷選手自身も、高校時代からメジャーリーグ志向がありまして
高校卒業後即アメリカ行を考えていたほどです。
そこを、ファイターズが「投打の二刀流で育てる」という指針をだし
大谷選手を口説いたわけですから、実質二刀流というのが一種の完成系
を示した時点で、メジャーリーグ挑戦というのは当然の流れなのかもしれません。

さて、上記別記事でも書きましたが、大谷選手はメジャーでも
二刀流で行くのでしょうか?

正直きついでしょ・・・。
仮に先発起用ということになったら中4日でローテーションを回って
その中でDHで打者として出場っていうのは日程的にも
大谷選手のコンディション的にも無理があると思うんですよね。
今オフに手術もしたわけですし。

てなわけで、僕個人としては投手一本に専念してほしいと思っています。
確かにメジャーの舞台で二刀流は見てみたいですけど、大谷選手が一番生きるのは
やっぱりピッチャーだと思います。

とはいえ、球団がポスティング容認をしたことでメジャー移籍が
現実的なものとなりました。
果たしてどの球団が入札するのか、どの球団が獲得するのか。
注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ