こんにちはRyoです。

プロ野球のシーズンも佳境に入ってきました。
この時期になると各チームの名選手が次々とユニフォームを脱ぐ
決断をするようになってきますね。

昨日9月24日は千葉ロッテマリーンズの井口資仁選手の引退試合でした。

引退試合で自ら同点ホームランを打ちさらにサヨナラ勝ちを決めるという
引退にとても豪華な華を添える結果となりました。

実は引退試合でホームランを打ったりなど大きな活躍をする選手は
結構いたりするのですが、そういった姿を見ると
「まだできるんじゃないかなぁ」と思ってしまうのがファン心です。

引退試合の始球式は娘さんの琳王さんが務めました。
井口選手にとっては忘れられない一日になったのではないでしょうか。

井口選手といえばやはりホークス時代(当時はソフトバンクではなくダイエーでした)
の印象が非常に強いです。

100打点カルテットは今のプロ野球のチームでは考えられないですね。
しかも井口選手はセカンドでしたからそりゃ強いわホークス。

同じく24日、中日ドラゴンズの森野将彦選手の引退試合が行われました。

引退会見では「やりきったという気持ち。悔いなく終えられて幸せ」
とおっしゃっていましたが、悔いなくキャリアを終えられる選手は
はたして何人いるのでしょう?そんな言葉を口にするのだから
大変充実したプロ野球選手生活だったのだろうと思います。

森野選手は中日黄金期を支えた名選手です。

僕はジャイアンツファンなのですが、あのころのドラゴンズは
森野選手、和田選手のクリーンアップに浅尾選手、岩瀬選手につなぐ盤石のリレーで
本当に強かったです。特に森野選手にはしょっちゅういいところで打たれてた
記憶が鮮明に残っています。

阪神タイガースの安藤選手、広島東洋カープの江草選手も
引退を表明しました。お二人も長年チームを支えてきた名投手です。

このように華やかにキャリアを終えられる選手もいれば、
人知れず若くしてユニフォームを脱ぐ選手もたくさんいます。

むしろそういった選手のほうが多数派なのではないでしょうか。

改めてプロスポーツ選手という完全な実力至上主義の世界に身を置くことの
厳しさ、プレッシャー、過酷さを垣間見ることができます。

別の記事でも書きましたが、自分のキャリアをどのように終えるのか。
このような選手たちにはセカンドキャリアとしてまた違う道に進むのですが
どのような進路を取るのか、どこを目指して進むのか、
それはどんな人にとっても同じように考えなければならない
人としての一生の課題なのかもしれませんね。