Sponsored Link

こんにちはRyoです。

今日もまた野球の記事ですね。

プロ野球2017シーズンも最終盤に入り、今注目なのは
セリーグのクライマックスシリーズ出場争いですね。

セリーグは広島の二連覇で終えましたがCS争いはし烈です。

当落線上にいるのが横浜DeNAベイスターズと読売ジャイアンツですね。

そのゲーム差はわずか1.5。しかし終盤になるとこの1.5差は非常に大きいです。
1試合にかかる勝敗のウェートが大きくなりますからね。
あと1.5ということは、1度の勝ち負けで順位の入れ替えがないということです。
これは残り試合がわずかになってきた現時点では数字以上の差があるように感じますね。

まぁベイスターズの上にタイガースがいますが順位はともかく
タイガースのCS進出は堅いでしょう。

となると横浜か巨人かということになります。

お互いの戦力の分析をしてみましょう。
ちなみに両チームの直接対決は今シーズンはありません。
なのでいかに一戦必勝で行かなければならないかということです。

まずは投手陣。
先発投手陣に関しては圧倒的にジャイアンツでしょう。
菅野、マイコラス、田口、畠の4本柱がしっかりと機能しています。
一方、救援投手陣を見てみると僕の主観ではほぼ互角かなと。
クローザーの差で横浜が一歩リードかなぁといった感じですかね。
山崎康晃の安定感はさすがですね。

続いて打撃陣。
上位打線特にクリーンアップはベイスターズが一枚上手ですね。
クリーンアップ3人が全員タイトルを狙える位置にいますからね。
巨人は坂本、陽、村田の不調が重くのしかかってきています。
CS進出にはこのあたりのメンバーの復調が必須条件になりそうですね。

ジャイアンツはCS制度が始まって以来1度も出場を逃したことがありません。
一方ベイスターズは昨年初めてCSに進出し、2年連続を狙います。

ジャイアンツが経験の差で上に行くのか、ベイスターズが若い勢いに乗って上に行くのか。
予想を難しくしている要因として、前述しましたが直接対決がもうないんですよね。

残り試合を見ると、ジャイアンツは下位チームと
ベイスターズは上位チームと試合を残しているかなぁという印象です。

それが結果としてどう影響してくるのか注目ですね。

まぁ現状優位なのはベイスターズでしょう。
さすがにこの時期の1.5差は実際かなり大きいです。

僕個人的にはジャイアンツファンなので何とかCS進出してほしいのですが笑

しかし、この最終盤までAクラス争いが白熱するとは思っていなかったですね。
ファンとしては非常に面白いです。CSには賛否ありますが僕はアリだと思います。
だって長く野球みられるし。ファンのチームが出ていなくてもね。

そんなわけでCS進出を勝ち取るのはどちらか。注目です。

Sponsored Link

コメントを残す