こんにちはRyoです。

今日の王様のブランチの放送を持って
10年間リポーターを務めてきたタレントの鈴木あきえさんが
卒業することが発表されました。

いやこれは残念ですねぇ・・・

やっぱり、「買い物の達人」はあきえさんじゃないと
なんだかしっくりきませんよ。

さみしくなりますね。王様のブランチのレポーターは
結構入れ替わりが激しいんですけどあきえさんは10年間も
レポーターを続けてたんですよね。

今のレギュラー陣の中では一番の古株なんじゃないでしょうか。
正直、僕はブランチの「顔」はあきえさんだと思っていました。

なので卒業はさみしいですねやっぱり。
次のステージでの活躍に期待しましょう。

ちなみに買い物の達人の最後のゲストは出川哲朗さんでした。

「私の20代はブランチ一色でした」というあきえさんの言葉通り
この10年間はあきえさんが王様のブランチという番組を支えていたんだと思います。

ところで、やっぱりこういった番組改編期になると
長年レギュラーで出演していた方の卒業が続々と発表されますね。

先日も記事にしましたが、ヒルナンデスでは水卜アナウンサーが卒業しましたし。

長年レギュラーを務めていた人の跡を継ぐ人もなかなか大変ですよね。
やっぱり代わった後って「俺は○○レンジャーしか認めねぇ!××レンジャーなんて嫌だ!」
みたいなテンションになりますし。
まぁでもそのうち「××レンジャー最高や!」みたいになっていくんでいいんですけど笑

それでもやっぱり次の人にかかるプレッシャーは大変なものがありますよね。
「あの人だったらこうだったのにな・・・」って思われちゃうわけですから、
それをはねのけて自分のキャラクターだったりカラーを出して認知されないと
いけませんからね。

エンタメの世界だけではなく、普通のサラリーマンとかでも
人事異動とかで別の場所へ移る緊張とかプレッシャーはありますもんね。

僕が勤めていたときは僕自身に人事異動はありませんでしたが
その係のベテランさんがぬけたりすると、残るほうも不安ですし
バトンを渡されたほうも不安ですよね。

でも同じ人間ばかりで長い時間つるんでいるような空間は
絶対に腐っていきますから、風通しは必要なんですよね。

風を入れなければ某協会のように必ず内部組織が腐敗して
汚職につながってしましますから。
人間関係も組織も新しい風を入れなきゃいけませんね。

個人にしたって新しい風を入れることは大切ですし。
いろいろと新しいものを取り入れて変わっていくことを恐れずに
進んでいきたいと思う今日この頃です。