こんにちはRyoです。

広島東洋カープは今日4日、戦力外通告を行いました。
対象となった選手は、今井啓介投手(30)、小野淳平投手(30)、多田大輔捕手(21)、育成契約の松浦耕大捕手(24)です。
このうち、今井啓介投手は現役を引退する旨を発表しました。

今井投手は今季限りの引退について
「プロとしては一区切りつけようかなと。全然後悔はない。次のステージへ行こうかなと。」
と今後について前向きなコメントを残しています。

一応一通りプロ野球を見ている僕としては、この戦力外4人は
ある程度予想の範囲内なのかなと思っています。

今井投手、小野投手ともにここ最近での一軍登板も少なかったですし
思ったような結果も出せていなかったのが正直なところです。

引退する今井投手ですが、2012年の阪神タイガース戦で
完封勝利をおさめたことが印象に残っています。

一時期は「黒田2世」とまで言わしめた今井投手でしたが、
残念ながら12年でプロ野球生活を終えることとなってしまいました。

小野投手は、もとはジャイアンツの選手でしたが、
青木高弘投手との交換トレードで2013年にカープへ移籍しました。

小野投手はよく投げっぷりがいいと評される投手でして、
ジャイアンツ時代から期待されていた投手でしたが、残念な結果となってしまいました。

大変明るい性格でメディア対応もそつなくこなしていたという印象があります。

多田、松浦両捕手については申し訳ないですがちょっと情報がありません。
しかし、キャッチャーをふたり戦力外とした理由に関しては想像ができます。

おそらくカープは、今年のドラフト会議にて
地元広島の広陵高校のキャッチャー中村選手を指名するのではないでしょうか。

今年のドラフト会議は清宮選手のプロ志望届提出により
「清宮詣」と評されるほど各球団のスカウトたちが清宮選手と面談するなど
清宮選手にメディアはフォーカスしていますが、
広陵の中村選手も今年の甲子園大会で大活躍をおさめ、おそらくドラフト1位指名濃厚
と大変評価の高い選手です。

キャッチャー2人の戦力外、そしてベテランの倉捕手の引退。
このあたりを加味してもカープが中村選手を指名するのはほぼ確実かなと推測します。

そんなわけで今年のドラフトはまさに「風雲急を告げる」ドラフトとなりそうです。
注目選手をどの球団が指名するのか楽しみにしています。

欲を言えばジャイアンツに・・・笑

ドラフトの話はともあれ、今回引退となった今井選手、お疲れ様でした。
30歳という若い選手ですので、まだまだこれからの人生のほうが長いはずです。
これからの活躍をご期待しております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。