Sponsored Link

2017ドラフト会議が終了した。
注目の早稲田実業清宮幸太郎を引き当てたのは日本ハム、
広陵の中村奨成を引き当てたのは広島だったが、
今年のドラフトの勝ち組球団はどこになるのだろうか・・・?

 

 

 

 

 
こんばんはRyoでございますよ。

ドラフト会議も終わりまして、明日のスター選手が数多く指名されましたが
今年のドラフトの総括をしていきたいなと思っています。

ちなみに、1位指名選手についてはこちらの記事でリポートしていますので
よかったら見てください。

これは余談なんですが、ドラフト会議のナレーターをしている
関野浩之さんの声って僕狂おしいほど好きなんですよね笑
昔のパンチョ伊東さんも好きでしたけど。

それはともかく、総括にいってみましょう。

まずは指名上位から。

上位指名で目を引いたのはドラゴンズですかね。
1位でヤマハの鈴木選手、2位で青藍泰斗の石川選手という
優秀なピッチャーを取ることができました。
さらに4位で花咲徳栄の清水選手もとりました。ドラゴンズかなりいいですね。
あとベイスターズもいいですね。立命館の東選手を一本釣りして
左腕王国を築きあげつつありますね。石田、今永、濱口選手に続く
先発サウスポーとして期待できます。

独自路線が目立ったのがジャイアンツ。
2位指名で大阪ガスの岸田選手、3位指名でNTT西日本の大城選手と
上位で2人のキャッチャーを指名しました。
正直ほかに補強ポイントがあるような気がしますが・・・

外れ1位で履正社の安田選手を引き当てたロッテは上位で結構
野手の指名が目立ちました。井口監督としては打者の補強をしたかったというところでしょう。

逆に、上位で投手指名に偏ったのがホークス。
1位、2位、4位でピッチャーを指名しました。

続いて下位指名について。

まずは僕の贔屓のジャイアンツから笑
5位指名でカープの田中広輔選手の弟、田中俊太選手を指名しました。
ジャイアンツファンの僕にとっては、4位の亜細亜大学の北村選手に続いて
優秀な内野手をふたり取れたことでほっとしています。
しかし続く6位指名も内野手の若林選手ということで、外野手はどうするのかな?
と思ってしまいました。

ホークスは、5人の指名をしたところで選択終了。
高校卒の選手を多く指名し、いわゆる青田刈りドラフトですね。
秀岳館の田浦選手はやっぱりホークスが持っていきましたね。

注目の東京大学の宮台選手はファイターズが指名しました。
相変わらずファイターズは魅せるドラフトをしますよね。

それでは、全体を見ての感想ですが、今回の勝ち組は中日ドラゴンズ
ではないでしょうか。
ヤマハの鈴木選手、青藍泰斗の石川選手、花咲徳栄の清水選手と
優秀かつ将来性のあるピッチャーを複数指名できました。
石川選手、清水選手は正直僕はジャイアンツがとってほしかったんですよね・・・

そんなわけで、これから育成ドラフトが始まりますが、
育成ドラフトとなると、僕の知識の及ばないところになってしまいますので
支配下ドラフトの総括ということで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

コメントを残す