巨人・菅野智之投手(28)が12日、都内で行われた「2017報知プロスポーツ大賞」

授賞式に出席。将来的なメジャー挑戦の可能性を示唆した。

自身のメジャー挑戦の可能性については「ボクは彼(大谷)ほど絶対的な力を持っていない。

(海外FA権獲得まで)あと4年ありますけど、しっかり絶対的な力をつけて文句なしに行けるように。

そこまでにしておきます」とこれまで秘めていたメジャー志向を明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000023-tospoweb-base

 

 

 

 

 

 
こんにちはRyoです。

 

読売ジャイアンツの絶対的エース菅野智之選手(28)が、
北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手(23)のメジャーリーグ挑戦を受けて
自身のメジャーリーグ挑戦の展望について初めて口にしました。

 

菅野選手の海外フリーエージェント権取得まではあと4年あります。
今回の大谷選手の場合はフリーエージェントではなくポスティングシステムでしたが。
菅野選手が言うには「僕は彼(大谷選手)ほど絶対的な力は持っていない。しっかりと
絶対的な力をつけて文句なしに行けるように」と語っています。

 

いままで、菅野選手はメジャーリーグ挑戦については明言を避けていましたが、
今回報知プロスポーツ大賞においてこのように発言をしています。

 

僕は10年以上ジャイアンツのファンとして野球観戦しているのですが、
菅野選手がメジャーへ行ってしまう・・・と考えるとちょっと複雑です。

 

しかし、菅野選手は大卒での入団でしたので5年目の現在28歳です。
海外FA権を取得する4年後は32歳ということになります。

 

以前、ジャイアンツは上原浩治選手のメジャーリーグ挑戦について
ポスティングを認めるか認めないかで結構もめたんですよね。
結局ジャイアンツは球団としてポスティングシステムは認めないということで
上原選手は海外FA権取得を待ってメジャーリーグに挑戦しました。

 

菅野選手の海外FA権取得が32歳ということになると、選手として一番
「脂ののっている時期」からは少し外れてしまっているのではないかと思われます。
野球選手としては30歳前後が一番脂がのっているといわれていますからね。

 

なので、素晴らしい実力を持っている菅野選手が一番野球選手として脂ののっている時期に
メジャーリーグに挑戦したいという意思があるならばメジャーに行ってほしいと思っているので
ジャイアンツとしては、海外FA権取得を待たずに、ポスティングでのメジャー挑戦を
認めてくれてもいいんじゃないかなぁと思う複雑なファン心理であります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ