Sponsored Link

こんにちはRyoでございます。

 

12月1日に、埼玉西武ライオンズから巨人へとFA移籍した野上亮磨選手。
来季は巨人のユニフォームを着ての活躍が期待されますね。

 

さて、FA移籍とセットで注目されるのが人的補償選手。
球団のプロテクトリスト28名から外れている選手のうち
FAで選手を輩出した側のチームが獲得できるというものです。

 

今回、巨人がFAで野上選手を獲得しましたので、プロテクト外の選手を
西武が獲得できるということになります。もちろん金銭という可能性もありますが、
実は巨人の人的補償は結構掘り出し物が多いということが知られています。

 

かつては、巨人にFAで広島から大竹選手が加入した際の人的補償で
一岡竜司選手が広島へ移籍しました。
そしてその一岡選手は現在、広島中継ぎ陣の中でも重要なポストを任されるようになっています。

 

このように、プロテクトから外れてしまっている選手でも活躍の場を与えられれば
一気に開花するということもあり得ますので、割とこの人的補償というのは
行われるということが多いです。

 

僕は、以前からこのブログでも言っているように巨人ファンですので、
人的補償で持っていかれるというのは寂しいところではあるのですが、
今回は、巨人のプロテクトリスト28名を予想してみたいと思います。

 

 

 

投手編

 

まずは投手陣のプロテクトを予想してみたいと思います。

 

言わずもがな、菅野選手、田口選手といったエース級はプロテクトされていると考えるべきでしょう。
若手でいえば、今シーズン中盤から先発ローテーションに定着した畠選手、先発・中継ぎと多岐にわたり
登板した宮國選手、ルーキーながらセットアッパーを任されることもあった左腕の池田選手、
このあたりはプロテクトされているとみて間違いないでしょう。

 

問題なのは、今シーズンあまり活躍することができなかったベテラン&FA加入陣。
内海選手、大竹選手は今シーズン一軍で登板するたびに登録抹消を繰り返すという
不本意なシーズンになってしまいました。昨年FAで加入した森福選手も、セットアッパーとして
期待されながらも期待通りの活躍をすることができずに終わりました。
長年、巨人のリリーフを支えてきた山口欽也選手も、今シーズンはけがの影響もあり
本来の働きを見せることはできませんでした。
もしかしたら、このあたりの選手は何人かプロテクトを外れている可能性があります。
大竹選手あたりは怪しい気がします。

 

個人的に、今後の巨人を支えていってほしいと思っている素材として、大江選手がいるのですが
彼はプロテクトしてほしいと思っています。若手が獲られるのはもう嫌なんです笑。

 

 

 

野手編

 

続いて野手のほうを見ていきましょう。
もちろんプロテクトされているであろう選手としては坂本選手、小林選手、阿部選手、
長野選手、陽選手、亀井選手あたりでしょうか。
若手としては、期待の大砲岡本選手、今シーズン中盤から勝負強い打撃を見せてくれた宇佐見選手、
昨年のドラフト1位ルーキーの吉川尚輝選手あたりはおそらくプロテクトされているでしょう。
昨年、トレードで日本ハムから加入した石川選手も今年の活躍を考えればプロテクト内ですかね。

 

難しいのが中堅どころの選手。
中井選手、橋本選手、立岡選手、あたりは一軍出場もありましたが、実は当落線上ではないかと。
正直、このあたりの選手を持っていかれるのはかなり痛いのですが・・・。

 

 

 

まとめ

 

さて、このようにプロテクト選手を予想してみましたが、まとめてみますと
やはり菅野選手や坂本選手などは当然プロテクトされているでしょうし、
長年巨人を支えてきた阿部選手や内海選手、山口欽也選手あたりはさすがに
プロテクトされているのではないでしょうか。

 

正直、かなりギリギリのところにいるのではないか、もしかしたら獲得されるのではないか
と僕が勝手に思っているのは重信選手。
今シーズンは代走での出場がほとんどとはいえ、シーズン通して一軍帯同した選手ですから
ギリギリといえばギリギリかなと。
あと、投手でいえば今村選手。彼も一軍登板はありますし、毎年期待されている選手でありますが
正直、今シーズンの働きを見ていると彼もギリギリではないかと。
そんなところでございます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

Sponsored Link

コメントを残す