巨人・小林誠司捕手(28)が4日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、

400万増の5400万円でサインした。(金額は推定)

今季はWBCに出場。シーズンでは138試合に出場し、初のゴールデン・グラブ賞を受賞。

守備面では高い貢献度を示した一方で、打率・206と打撃に課題を残した。

進化が求められる来季に向け「まだまだ守備にも満足していないし、しっかりバットを振って来シーズン頑張りたい」と力を込めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000073-dal-base

 

 

 

 

 

 
こんにちはRyoです。

 

今日から、僕が気になったプロ野球のニューストピックをまとめて記事にしていこうと思っています。
1個1個記事にしていくととてもまとめきれないので・・・笑。

 

まずは読売ジャイアンツ小林誠司選手が契約更改に臨み、400万円アップの5400万円で
契約を更改したというニュースから。

 

今年は3月のWBCから始まったシーズン。WBCでは正捕手の座を勝ち取り、打率4割5分、
ホームラン1本、6打点という活躍を見せブレイクしましたが、シーズンでは打撃不振に。
最終的には.206.2.27という成績になりましたが、守備のほうでは自身初のゴールデングラブ賞
を獲得するなど成長を見せました。
400万円アップというのはちょっと厳しいような気もしないではないんですが・・・
来年のさらなる活躍に期待したいところですね。

 

阪神タイガースからFA宣言し、横浜DeNAベイスターズへ移籍した大和選手が
今日、横浜市内の球団事務所にて入団会見を行いました。

 

今シーズンは、評判通りの守備はもちろん、スイッチヒッターに挑戦し
打率.280を記録。守備、打撃ともに評価が高く、会見に同席した高田GMも
「大和選手が来てくれれば、優勝を狙える、いい戦いができると思います」と
期待をあらわにする発言をしました。
実際、ベイスターズの補強ポイントとピンズドだった大和選手。
来季はどのポジションを守るのかはわかりませんが優勝を狙うためのピースとして
チームも首脳陣も大きな期待を寄せています。

 

とこんな感じで、出来れば毎日プロ野球のニュースはまとめて記事にしたいと思っています。
驚くようなニュースが入ってきたらもちろん個別で記事にしたいと思っていますが。
そんな感じでどうかお付き合いいただければと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

人気ブログランキングへ