こんにちはRyoです。

 

福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手(29)の契約更改が終わりまして
その年俸は4億円の3年契約、総額12億円プラス出来高という超ビッグ契約
ということになりました。

 

今シーズンは右わき腹の肉離れもあってシーズン終盤は出場できなかったものの
ケガで離脱するまではあわや三冠王かと思われる成績を残した柳田選手。
ホークスとしてもこんなスター選手は手放すことはできないということで
かなり大型契約を提示してきたようですね。

 

そういうわけで、今回は柳田悠岐選手についてまとめてみました。
最後までお付き合いくださいませ。

 

 

 

2018年年俸ランキング4位タイの4億円×3年契約

 

3年契約の4億円、3年総額12億円というビッグ契約を結んだ柳田悠岐選手。
この4億円というのは、2018年12球団の年俸ランキングにおいて
4位タイという金額になっています。

 

ちなみに1位はソフトバンクのサファテ選手、オリックスの金子千尋選手、
西武ライオンズのメヒア選手の5億円です。
つまりはそれに次ぐ年俸ということになりますね。

 

ここで注目したいところが、複数年契約を結んだということですね。
3年総額12億円という契約ですので。

 

柳田選手は来年フリーエージェント(FA)権を取得します。
そういうわけで、ソフトバンクとしてもスター選手である柳田選手を
FAで他球団に移籍されないようにするために最大級の評価と
契約を結んだということになります。
とにかく柳田は渡さないぞというソフトバンクの本気が見えますね。

 

 

 

4億円プレイヤーが8人!?ソフトバンクの暖冬契約更改

 

柳田悠岐選手が4億円プレイヤーの仲間入りをしたということで、
ソフトバンクの4億円超えプレイヤーが総勢8人ということになります。

 

5億円プレイヤーのサファテ選手、柳田選手、内川選手、デスパイネ選手、
バンデンハーク選手、和田選手、松田選手、摂津選手の8人ですね。

 

さらには、1億円越えのプレイヤーの数が15人。まだ更改が終わっていない
選手も含めると、18人に達するのではないかとも言われています。

 

さすが日本一に輝いたチームですね。例年まれにみる暖冬契約更改です。
すさまじい・・・。

 

 

 

まとめ

そんなわけで、4億円プレイヤーの仲間入りをした柳田悠岐選手。
交渉後の会見では「凄い金額です」と柳田節も健在。

 

来年以降の活躍に期待したいですね。

 

でも巨人戦ではあんまり打たないでね!笑。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ