Sponsored Link

 

 

 

 

こんにちはRyoです。

 

明日2日と明後日3日に、お正月恒例の第94回箱根駅伝が開催されます。

 

今の関東大学駅伝界は「戦国時代」といわれるほどの群雄割拠。
なかなか優勝予想がしづらい状況になっているところです。

 

そういうわけで、今回は、明日から行われる箱根駅伝の見どころと
僕なりの観点から優勝予想をしてみたいと思います。

 

 

 

今大会出場校

 

今大会の出場チームは以下の通りです。

 

大学 出場回数
シード校 1 青学大 10年連続23回目
2 東洋大 16年連続76回目
3 早大 42年連続87回目
4 順大 7年連続59回目
5 神奈川大 8年連続49回目
6 中央学院大 16年連続19回目
7 日体大 70年連続70回目
8 法大 3年連続78回目
9 駒大 52年連続52回目
10 東海大 5年連続45回目
予選会突破
10校
1 帝京大 11年連続19度目
2 大東大 6年連続49度目
3 中大 2年ぶり91度目
4 山梨学院大 32年連続32度目
5 拓大 5年連続39度目
6 国学院大 2年連続11度目
7 国士舘大 2年連続46度目
8 城西大 2年ぶり14度目
9 上武大 10年連続10度目
10 東京国際大 2年ぶり2度目
オープン参加 関東学生連合

http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/data/2018/

 

 

 

群雄割拠だが、優勝争いは青学・東海・神大か

 

戦国時代と言われ、2011年以来の大混戦が予想されている今回の箱根駅伝ですが、
優勝争いをするであろうチームは青山学院大学、東海大学、神奈川大学の3チームに
絞られてくるのではないでしょうか。

 

やはり本命は3連覇中の青山学院大学でしょうか。
原監督率いる青学は箱根の道を知り尽くしているチームといってもいいでしょう。
3連覇を果たしているというチームの自信やプライドは、こうした大舞台では
大きな力になることは間違いないでしょう。

 

その青山学院大学を出雲駅伝にて破ったチームが東海大学。
今年の出雲駅伝では、高校陸上界きってのスピードランナーが成長し、
2年生となった彼らがけん引して優勝を果たしました。

 

やはりこの2校の優勝争いになるのではないか、と思われていたところですが、
そこで割って入ってきたのが神奈川大学です。
出雲駅伝よりも距離が倍ほどあり、よりチームとしての底力が試される
全日本大学駅伝にて、20年ぶりの優勝を果たしました。

 

以上のことから、おそらくタイム差はそれほど大きくはならないと思われますが、
優勝争いをするのは、この3校に絞られてくるのではないでしょうか。

 

 

 

さいごに

 

僕なりに優勝予想はしてみましたが、箱根駅伝はまさに筋書きのないドラマ。
始まってみなければどんな結果になるのかわかりません。

 

はたして、今年の箱根駅伝ではどのようなドラマが、そしてどんなヒーローが
生まれてくるのでしょうか。
楽しみに待ちたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

Sponsored Link

コメントを残す