Sponsored Link

 

 

楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。70歳だった。

死因は明らかになっていない。現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は

中日、阪神、楽天の監督を歴任。計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には

自身初の日本一に輝いた。17年に野球殿堂入り。

「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去った。

 

 

 

 

 
おはようございますRyoです。

 

朝からショッキングなニュースが入ってきました。

 

東北楽天ゴールデンイーグルスの星野仙一球団副会長が、4日に亡くなっていたことが
わかりました。70歳でした。まだまだ若いですよね。

 

死因はまだ明らかにはなっていませんが、球団関係者によると
星野さんはがんで闘病していたとのこと。
昨年末に体調が悪化し、そのまま息を引き取ったということです。

 

星野さんは11月28日は東京で、12月1日には大阪で、「野球殿堂入りを祝う会」に出席。
その姿が、最後の公の場ということになりました。

 

星野さんといえば、現役時は「燃える男」「打倒巨人」、現役を退き監督になってからは
「闘将」とよばれ、闘争心むき出しで野球に取り組む姿が印象的でした。

 

「俺は巨人を倒したからいいんだ」と、巨人のV10を阻止した1974年にはそのように語るほど、
対巨人に対する思いは大変大きかったんですね。
それは監督になってからも変わらず。中日の監督時代は2度のリーグ優勝、低迷期の阪神の
監督に就任し、2003年に18年ぶりのリーグ優勝に導きました。
楽天監督時代の2013年には、宿敵巨人を相手に日本シリーズを戦い、巨人を破り、
自身初めての日本一監督となりました。田中将大選手が24勝無敗の成績をたたき出した年ですね。

 

その後は、楽天の球団副会長に就任。公の場に姿を見せることはあまり少なくはなりましたが、
野球の普及活動にも尽力していた様子。本当に野球が大好きだったんですね。

 

70歳という年齢は、現代ではまだまだお若い年齢だと思いますが、本当に残念です。
星野さん自身、2020年の東京オリンピックの日本代表の野球を見られなかったということが
本当に残念なんじゃないでしょうかね。あれだけ楽しみにしていたんですから。

 

というわけで、もうあの怒鳴り声や、あの笑顔が見られないんだと考えると非常に残念です。
東京オリンピックを前に亡くなられてしまうとは思いませんでした。
ご冥福をお祈りいたします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

Sponsored Link

コメントを残す