ポスティングシステムを使って大リーグ移籍を目指す日本ハム・大谷翔平選手(23)

の争奪戦からヤンキースやレッドソックスなどが脱落し、ジャイアンツ、マリナーズ、パドレスなどが

最終選考に残った、と3日(日本時間4日)、複数の米記者がツイッターで伝えた。

また、大リーグ公式サイトは同日、ヤンキースのキャッシュマンGMが大谷の代理人事務所から

面談を受けない旨を伝えられたことを明かしたと伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000034-dal-spo

 

 

 

 

 

 
こんにちはRyoです。

 

今シーズンオフにポスティングシステム(入札制度)によるメジャーリーグ移籍を目指す
北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手(23)を巡るメジャーリーグ各球団の
「大谷争奪戦」が白熱しているところですが、獲得大本命と言われていたヤンキースや
レッドソックスなどが脱落し、現段階で最終選考にジャイアンツ、パドレス、マリナーズなどが
残っているということが複数のアメリカ人記者のツイッターで明らかになりました。

 

獲得大本命と言われていたニューヨーク・ヤンキースでしたが、メジャーリーグ公式サイトにおいて
ヤンキースのキャッシュマンGMが大谷選手の代理人事務所から面談を受けない旨を発表しましたので
ヤンキースは獲得競争から外れるということになりました。

 

アメリカ人記者のツイッターを総合すると、ヤンキースとともに脱落したのはレッドソックス、メッツ、
ツインズ、ダイヤモンドバックス、アスレチックス、ブルージェイズ、パイレーツ、ブルワーズ、
ホワイトソックス、カージナルスであるとのことです。ていうかこんなに大谷選手獲得に乗り出している
球団があったことに正直驚いているところなんですが・・・。
やっぱり大谷選手のインパクトというのはすさまじいですね。

 

そして、最終選考に残っているのがサンフランシスコ・ジャイアンツ、シアトル・マリナーズ、
サンディエゴ・パドレスの3球団であるとみられています。

 

とうとう3球団まで絞られた大谷選手獲得レースですが、僕個人的には大谷選手には
メジャーリーグでも投手と打者の二刀流を実現してほしいという願望があるので
DH制のないナショナル・リーグのサンフランシスコ・ジャイアンツかサンディエゴ・パドレスに
決まってほしいなぁと思っています。めちゃくちゃ打てる投手というのをメジャーリーグの舞台で
実現してほしいと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

人気ブログランキングへ